へっぽこ学習日記

いっぱしのエンジニアになるため四苦八苦する姿を残したブログ 

Raspbianに起動時スクリプトを記述する

去年12月9日にこれから毎週更新するぞ、と宣言してから早2ヶ月。 その間更新は0件。

これはひどい

ということで、どうすっかなー、と考えたところ、作業が終わってからブログを書いているから駄目なのでは、と気が付きましたので、
これからは作業をしながら記事に起こしていきます。 随分ライブ感ある記事になりそうですけど、そこはご愛嬌ということで。

今回やること

そもそも、なんでこれをしようと思ったの?

  1. NASとして運用中、外付けのHDDのマウントが気がついたら切れてるっぽい
  2. 再起動したら治る
  3. 起動時に定刻に再起動するようにすれば、とりあえず使えるのでは?(キャッシュも削除されるし良さげ(素人感))
  4. ならばやろう

実施環境


やったこと

まずは、su -で管理者権限になる。

cd /etcのあと、 vim rc.localを実行。

#!/bin/sh -e
#
# rc.local
#
# This script is executed at the end of each multiuser runlevel.
# Make sure that the script will "exit 0" on success or any other
# value on error.
#
# In order to enable or disable this script just change the execution
# bits.
#
# By default this script does nothing.

↑こんな感じのが表示されるので、その中下記を追記。

#再起動を実施(&をつけてバックグラウンドで実行させる)
shutdown -r 01:40 &

これで01:40分に毎日この端末は再起動される。

注意点としては、shutdownコマンドの最後に&をつけること。

これを行わずにやったので、おそらくマウントがされず最初はNASが見えなくなったりしてました。

atコマンドやcronコマンドも考えましたが、 特に曜日を設定する必要もなかったので、こんな感じで。 時間あるときにもっと細かく設定できるよう工夫します。