へっぽこ学習日記

いっぱしのエンジニアになるため四苦八苦する姿を残したブログ 

gitとBitbucketでバージョン管理の勉強をする<1>

バージョン管理をやってみようと思ったのは、現在行っているJavaScriptの演習の際,
試しに行った変更のログと、変更後が間違っていた場合の修正を容易に行おうと考えたからである。
また、gitの学習も同時に行おうと考えたからである。


ローカルでバージョン管理を行っても問題はないのだが、せっかくなので、
gitホスティングサービスを用いてバージョン管理を行うことにした。


いくつか見てみたところ、非公開で行える点から、Bitbucketでバージョン管理を行うことにした。

初期設定は、 まずローカルリポジトリの作成をし、リモートリポジトリの追加を行う。

git init

git remote add origin (Bitbucketから取得できるurl)


ローカルディレクトリのすべてのデータをコミットしたい場合、

git add .

git commit -m “ここには残したいメッセージを記述する”

git push

これによって、Bitbucketに登録することができる。

次は、コマンドで変更履歴や、元に戻す操作をやってみたい。

2017-06-22

2017-06-22

  • 本日の目標

  • JavaScriptの学習
    ネットワークについて本で学習

  • 実際に行ったこと

  • JavaScriptの学習
    canvasについて ネットワークについて本で学習 ・ソケット、APKについて

  • 達成率(%)とその理由

  • 70%
    JavaScript、ネットワークの学習の両方を行うことができたから。 やはり、朝早く起きてやるのが最善である。

  • 解消していない不明点

  • なし

  • その日出たエラーのログ
  • エラーが出たもの エラー内容 原因と解決
    JavaScript f:id:amazones7777:20170622211004p:plain:w150
    某パッ○マンを描画しようと思ったが、上のようになってしまいできなかった。
    canvasにおいて、arc()を用いただけで、moveTo()メソッドを用いていなかったから

  • 明日の目標・タスク

  • JavaScriptの学習
    ネットワークについて本で学習

    2017-06-21

    2017-06-21

    • 本日の目標
    • JavaScriptの学習

      ネットワークについて本で学習

    • 実際に行ったこと
    • なし

    • 達成率(%)とその理由
    • 0%
      夜は寝てしまう上、ぐたぐだしちゃうので、朝早く起きてやるほうが吉。

    • 解消していない不明点
    • なし

    • その日出たエラーのログ
    • なし

  • 明日の目標・タスク
  • JavaScriptの学習
    ネットワークについて本で学習

    2017-06-20

    2017-06-20の日報

    • 本日の目標
    • JavaScriptの学習



    • 実際に行ったこと
    • JavaScriptの学習 ・canvasを用いた描画

    • 達成率(%)とその理由
    • 60%
      JavaScriptの学習を行うことができた。

    • 解消していない不明点
    • なし

    • その日出たエラーのログ
    エラーがでたもの エラー内容 原因と解決
    JavaScript(chrome) TypeError: canvas.getContent is not a function. (In 'canvas.getContent("2d")', 'canvas.getContent' is undefined) 変数名をcanvasで格納するのではなく、別の変数を用いることで解消
    ex)var canvas = canvas.getContent("2d");
    → var can = canvas.getContent("2d");
    加えて、getContent()ではなく、getContext()が正解
    JavaScript(chrome) ReferenceError: Can't find variable: canvas getElementById("canvas")が正解。canとしていたという、要素名のミス
    JavaScript(chrome) SyntaxError: Unexpected token '*' ctx.arc(400,50,30,-1,*Math.PI/6,Math.PI/6,true); → ctx.arc(400,50,30,-1w*Math.PI/6,Math.PI/6,true);

    • 明日の目標・タスク
    • JavaScriptの学習
      ネットワークについて本で学習

    ネットワークコンフィグへの道<1>ルーティングテーブル編

    先日、某オークションサイトで競り落としたルータが2台、我が家に届いた。

    YAMAHA RTX1000 イーサアクセスVPNルーター

    YAMAHA RTX1000 イーサアクセスVPNルーター

    これを買った経緯としては、ネットワークの学習のため、実機でトレーニングをしようと思ったためである。 とはいえ、目標を持たずしてことを進めたところで、断念するのが目にみえている。 というわけで、私はこのルータを活用するため、まずは目標を立てることにした。

    それは、6月中にルーティングテーブルを完成し、pingを通すことである。

    実はもう少し早くルータがたどり着いていたわけだが、 何とも悲しいことに私の家にはLANケーブルこそあるが、肝心の コンソールケーブルがなかったのである。 痛い出費を覚悟し、

    この2つを購入した。 ルータに繋ぐコンソールケーブルをUSBに変換する必要があったため、余計に懐が寂しくなったのは余談である。

    とはいえ、これで準備万端。 それいけ、とコンソールケーブルを繋いで黒い画面を表示し、私は愕然としたのである。

    それは、黒い画面に映るパスワード要求の文字。 お金を溝に放り捨てたことに気がついた私は、安心と信頼のgoogle先生の門を叩いた。

    なにやら、「セキュリティクラス」とやらがonで合った場合、初期パスワードである「w,lXlma(ダブリュ、カンマ、エル、大エックス、エル、えむ、エー)」を入力すると良いらしい。 すると、無事初期画面に遷移したというわけである。


    今回のまとめ


    • パスワードを忘れたときには焦らず、w,lXlma(ダブリュ、カンマ、エル、大エックス、エル、えむ、エー)」を押す。

    2017-06-19

    2017-06-19の日報

    • 本日の目標
    • JavaScriptの学習
      実機を用いたネットワーク学習


    • 実際に行ったこと
    • JavaScriptの学習

    • 達成率(%)とその理由
    • 60%
      JavaScriptの学習を行うことができた。 ネットワークの学習を行うことができなかった。とはいえ、本日は早起きする予定があったため、止む終えぬと判断した。

    • 解消していない不明点
    • なし

    • その日出たエラーのログ
    エラーがでたもの エラー内容 原因と解決
    JavaScript(chrome) Uncaught ReferenceError: UFO is not defined UFOオブジェクトを定義していなかった

    • 明日の目標・タスク
    • JavaScriptの学習
      読書によるネットワークの学習

    2017/06/18

    2017/06/18の日報

    • 本日の目標
    • JavaScriptの学習
      実機を用いたネットワーク学習


    • 実際に行ったこと
    • JavaScriptの学習

    • 達成率(%)とその理由
    • 50%
      JavaScriptの学習を行うことができたが、 ネットワークの学習を行うことができなかった。

    • 解消していない不明点
    • なし

    • その日出たエラーのログ
    エラーがでたもの エラー内容 原因と解決
    JavaScript(chrome) index.html:62 Uncaught ReferenceError: changeColor is not defined at HTMLButtonElement.onclick 配列を指定するカッコを大カッコで行っていた
    JavaScript(chrome) Uncaught SyntaxError: Unexpected token { div属性を指定する記述を、styleタグではなく、scriptタグの中に入れていた。

    • 明日の目標・タスク
    • JavaScriptの学習
      読書によるネットワークの学習